チュンムキンパ

韓国料理の先生をしている…とはいえ、まだまだ知らない料理はたくさんある。

もともと、中国出身(中国の朝鮮族)の私は、中国の朝鮮文化で育ったため、何が中国料理で何が韓国料理なのかよくわかっていない。

Netflixで、『美味の起源』と言う中国の食をテーマにしたドキュメンタリーを観て、この料理懐かしいなぁと思うし、
『スープの国』と言う韓国のスープ文化をテーマにしたドキュメンタリーを観てもまた、懐かしいと思う。

私の中では、どちらも国をこえて懐かしいと思える文化なのだ。

それでも日本に住んでいて、地方の郷土料理をよく知らないように、
韓国や中国の郷土料理もまた未知の世界だ。

それらの郷土料理はその土地に行くか、都市部で流行しないと知り得ない情報だ。

チュンムキンパは、その後者の方。
地方の料理が都市部で流行った類いの料理だ。

キッチンカーでキンパをメインに売っていると、韓国に住む姉に話したところ
「チュンムキンパも今人気だよ」との回答があった。

その時初めてチュンムキンパと言う料理名を聞いたのだが、調べてみるととても面白い。

韓国のチュンム(忠武)という地方で食べられているキンパで、
漁師の妻が、夫が船の上でも食べやすいように…とつくられた、漁師のお弁当だ。

具がない小さなキンパはとても食べやすい。
そこにコチュジャンベースの甘辛のイカをおかずにしているあたり、漁師らしい。
安価に手に入りやすかったのだろう。

箸は使わずに、爪楊枝でイカをさし、その先にキンパをさす。
それを一緒に食べれば、おかずとご飯が手軽に食べられる…という設計。

なんと完璧な妻たちなのだ。

夫がどんなことに困っていて、どんな風に船で過ごしていて、どんなことを喜ぶのか。
全てわかっていないとこんな料理は作れない。

私はこんな完璧な妻になれるのだろうか。
チュンムキンパを作るたびに、自問自答してしまう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次