チャプチェ

チャプチェは作りたてが一番うまいのだ。

意外に手間のかかるチャプチェ。
具材をそれぞれ細切りに切って、なぜかこの料理は全て別々に味付けをするのだ。

焼きそばを作る要領で、全部一緒に炒めて全部一緒に味付けをして、

はい出来上がり!

…ではないのだ。

何を思ったか昔の人は、全ての具材を別々に炒めて、別々に味付けをした。
随分面倒なことをしてくれたものだ。

そんな面倒な工程があるから、チャプチェ作りは親戚総動員で行う。

親戚総動員で作るチャプチェは、それはそれは大量だ。
漫画でしか見たことがないくらいのそれは、とても食欲をそそるのだ。

集まった親戚は、各々で味見を始めると、
最初は少しだけ…だった味見が、もはや味見ではなくなってしまう。

ボールの中に大量にあったはずのチャプチェは、
いつの間にか、小皿にちょこんと盛られた素朴な料理へと変わるのだ。

TBSオールスター感謝祭の「赤坂ミニマラソン」で、いつもスタートダッシュだけが早い安田大サーカスの団長を思い出す。

それでも、安田大サーカスの団長のそれは、いつもミニマラソンを盛り上げるのだ。

チャプチェもそんな「鉄板」があってこそチャプチェとして成立する。

「そうこなくっちゃ。」こそが家族の文化なのだ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次