日本で一番食べられている漬物ランキング、1位って何かご存知ですか?

実はキムチなんだそうです。スーパーの漬物コーナーを見てもいつもいろんな種類のキムチが並んでいますよね。そのくらい日本でもこのキムチはよく食卓に並べられる漬物なんです。

ただ、日本のキムチは少し韓国の物とは違う…。

日本に来て私が感じたことはそんなことでした。そこでキムチ文化で育ってきた私が感じた、日本と韓国のキムチの違いをご紹介します。

①キムチが甘い

韓国でもキムチに甘さの添加物を入れることは一般的になっています。私が母や姉からキムチ作りを習う時(いまだにそうですが)、これを入れないとダメだよ!といって、甘さの添加物を必ず進められるんです。

こちらがその添加物です。

とは言え、韓国のキムチを食べて「甘い」と感じることはあまりありません。

違いはなんなのかといろいろ考えて見ると、ある違いに気付きました。

日本は甘さ=コク

韓国で甘さの添加物を入れる時には、辛さを抑える目的で入れることが多いんです。だからその添加物自体の味はあまりせずに、スッキリとした辛さが感じられます。

一方日本のキムチはどうかというと、辛さよりも甘さが際立つ物が多いように感じています。

私たちがキムチの試作を繰り返している時に、テスト販売でいろんな方に食べて頂いたんです。その時によく言われた言葉が、「コクがない」でした。

韓国で食べた味とすごく似ていて、かなり美味しくできたんだけどなぁ…と思い、

その「コク」ってどこから来る物なんだろうかと色々聞いてみると、どうやら甘さから来ているのではないかという結論に至りました。

例えば、日本で煮物を作る時には、砂糖とみりんを入れます。そのどちらも日本の料理特有の「コク」を生み出す物として使われてきたように思います。

食べ方の違いがそうさせる?

韓国に実際に言って、韓国人のキムチの食べ方を見ていると日本人とのある違いを見つけました。

韓国人の中でキムチは色々な料理の組み合わせとして食べられている

ということに気付きました。一方日本人のキムチの食べ方は、

ごはんのおかずとしてキムチを食べる。

ということ。これって当たり前過ぎて全然気づかなかったのですが、食べ方としては全然違いますよね。

韓国人の食卓にはキムチが常にあります。しかも常時3種類ほどのキムチが並んでいることが多いように感じます。しかもメインのおかずの他にです。

韓国人の方々は、そのキムチをメインの料理の食べ合わせや、箸休めの意味合いでキムチを食べているのです。

さてそれでは日本ではどうかというと、キムチって完全にごはんのおかずとして食べられているんですよね。

ごはんをキムチで巻いて食べる。とか、とにかくごはんの上にキムチを乗っけてごはんと一緒に食べられているんです。

だから、ごはんにいかに合うかがポイントとなって、「コク」が必要となるのです。

日本で売れるキムチを作っているため、スーパーや個人店のキムチ屋さんが作るキムチもその甘さを大切にして本物の本場キムチがなかなかないというわけです。

②白菜の食感が違う

日本のキムチと韓国のキムチ、甘さが違うのお分かりいただけたでしょうか?

もう一つ明らかに違うのが、食感の違いです。

私は農家をしているのでよくわかるのですが、日本の白菜と韓国の白菜とではそもそも品種が違います。

日本の白菜は筋が少なく柔らかいのが特徴で、すごく瑞々しいのですが、

韓国の白菜はその逆で、筋が多く水分が少ない少し硬めの白菜となっています。

食べた時の食感が、韓国の白菜の方がカリッと歯応えがあるのが特徴です。

現状、日本で出回っている白菜は、日本の品種を栽培しているため韓国で実際に使われている白菜でキムチを漬けているところはほとんどありません

まとめ

以上、日本のキムチと韓国の白菜の違いを甘さと食感で比べてみました。

①キムチの甘さが違う→ごはんのおかずか、箸休めかの違い。

②キムチの食感が違う→そもそも韓国の物と品種が違う。

韓国旅行へ行ってキムチを食べたのと、全然違うと思ってらっしゃる方も多いのではないでしょうか?上記のことが大きな理由となっているのだと思います。

本物のキムチが食べたいあなたへ

私たちひかり畑では、あえて日本人好みに仕上げず、本場のキムチの味を再現しています。

母が50年間家族のために作り続けたレシピを受け継ぎ、出汁などを工夫して無添加で仕上げることに成功しました。

また、キムチの食感も本物を再現するため、農家である私たちの強みを生かし、韓国で実際に使用されている白菜の品種でキムチを漬けています(栽培できない時期は日本の白菜を使用)。

韓国で食べたあのキムチの味が忘れられない。

日本でのキムチはどうも口に合わない。

そんなあなたに自信を持っておすすめできるキムチです。

1kgから販売しており、5kgは大変お得な価格になっております。

https://hikaribatake.thebase.in/

まずはこちらのサイトをご覧になってみてください。

なお、日本のキムチが好きで辛いのは苦手という方には少し不向きなキムチとなっております。あらかじめご了承ください。