高岡浩三(ネスレ)ジャニーズCM起用せずは嘘?TOKIOがCM降板の過去も

人物




本ページにはプロモーションが含まれています。

現時点で収束が見えない企業のジャニーズ離れや、相次ぐCMやイメージタレントの降板。

そんななか、食品メーカー「ネスレ日本」元社長・高岡浩三氏の発言が注目を集めています。

今回は、高岡浩三ネスレ元社長の「ジャニーズCM起用せず」発言は嘘との指摘は本当か、TOKIOのCM降板の真相について調べてまとめました。

高岡氏の発言を受け、ネット上では❝違いの分かる男❞がトレンド入りする事態に

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

高岡浩三(ネスレ)ジャニーズCM起用せずは嘘?

ジャニーズタレントを起用しなかった理由

次々と新しい疑惑が噴出するジャニーズ事務所の性被害問題。

新たに社長に就任することが決まった東山紀之さんについても、「性被害があることを知りながら、黙認していた」と証言が飛び出すなど、事態の収束は見えない状況です。

そんななか、食品メーカー大手の「ネスレ日本」元社長であり、現在は実業家としても活躍する高岡浩三氏の発言が注目を集めています。

9月11日、高岡氏は自身のFacebookを更新し、以下の文章を投稿しました。

「正直言って、いったい何をこんなに騒いでいるのだろうか?という感覚でジャニーズ問題を見ている。
クライアントサイドにいた私でさえ、ジャニー喜多川氏が元々性癖があってジャニーズ事務所を開設したという噂は、かれこれ20年以上前から噂として知っていた。メディア関係者も絶対私以上に知っていたはず。なぜなら、私が知ったのは業界関係者とメディアだからだ」

として、自身も以前からジャニーズの性被害問題については耳にしたことがあること、また今になって大きな問題になっている点について違和感を口にしています。

さらには、

「私は、ネスレのガバナンスとコンプライアンス規定の観点から、キットカットと言えども一度もジャニーズのタレントをCMや販促に起用しなかった」

「今更、ジャニーズ事務所のタレントと契約しないという大手クライアントこそ、この手の問題を知っていたはずだし、知らなかったとしたら恥ずべきことだ。それ以上に、日本のメディアはクライアントの不祥事や人気芸能事務所の問題に蓋をして、事が起こってから白々しく報じる体質だと理解しておくべきだ」

ネスレの看板商品であるキットカットにすら、ジャニーズのタレントを起用したことはない、と発言し、これまで噂を知りながら見て見ぬふりをしてきた企業とマスコミ側の体質についても苦言を呈しました。

引用:高岡浩三 | Facebook

この発言が❝ネスレ元社長は違いが分かる男❞だとネット上でトレンド入りする事態に…

ネット上では以下のような意見が多数届きました。

「起用せず」との矛盾

しかし、ここで「キットカットと言えども一度もジャニーズのタレントをCMや販促に起用しなかった」という発言に❝アレッ?❞と思った方もいるのではないでしょうか。

実は、ネスレ日本の人気商品であるキットカットについて、

2021年10月1日からTOKIOをCMに起用している

ことが判明したのです。

アレ?矛盾していない…?

と思ったので、その時系列を調べてみました。

TOKIOがCM降板の過去も

過去に元ジャニーズ事務所所属のTOKIOをCM起用していたことが判明したネスレ日本

高岡浩三氏がネスレ日本の社長に就任してから、TOKIOがCMに起用されるまでの一連の経緯を調べてみました。

◆時系列◆
2010年1月 高岡浩三氏がネスレ日本の代表取締役社長に就任
2020年3月 高岡浩三氏がネスレ日本代表取締役社長を退任

2020年7月 TOKIOジャニーズ事務所退所発表
2021年4月 株式会社TOKIO始動

2021年10月~ TOKIOネスレ広告起用

つまり、高岡浩三氏の在任期間中、ジャニーズタレントは一度もネスレ日本の広告には起用されていません。

ちなみに、「なぜ、現在TOKIOをイメージタレントに起用しているのか」という疑問については、以下のように答えています。

引用:高岡浩三 | Facebook

会社のコンプライアンス規定をどのように解釈するかは、あくまでも❝経営者個人の判断❞によるということですね。

なお、TOKIOはジャニーズ事務所の不祥事を受け、2023年5月にキットカットのCMを降板になっていると言われています。

ここで疑問として生じるのが、

TOKIOはジャニーズ事務所を退所しているから、降板する必要なかったのでは?

というもの。

この疑問に関して調べてみたところ以下の事実が判明しました。

・TOKIOの登記簿上、本所在地はジャニーズ事務所と同じ
・当初社長は城島さんといわれていたが、代表取締役はジャニーズ事務所の藤島ジュリー景子氏が就任している
・TOKIOのメンバー(城島さん国分さん松岡さん)は取締役

つまり、城島さんは代表権のない取締役社長ということになりますね。

引用:https://twitter.com

また、本所在地がジャニーズ事務所と同じであること、藤島ジュリー景子氏が実質的な代表権を握っていることから、❝完全な独立❞ではなかったことが露呈しました。

このような理由もあり、現在はキットカットのCMが打ち切りになっているようです。

良くも悪くも、企業の将来やゆく先は、経営者の正しいコンプライアンス遵守にかかっていると改めて実感する出来事でした。

まとめ

今回は、高岡浩三ネスレ元社長の「ジャニーズCM起用せず」発言は嘘との指摘は本当か、TOKIOのCM降板の真相について調べてまとめました。

・ネスレ日本の高岡元社長の「性被害の噂を知っていた為、起用してこなかった」との発言が注目を集める
・ネスレ日本は2021年10月からTOKIOをCM起用している
・2020年に高岡元社長が退任、それ以降の人選であったことが判明

コメント

タイトルとURLをコピーしました