夏まゆみ振り付け曲一覧|ジャニーズやAKB48・モーニング娘。も

人物




本ページにはプロモーションが含まれています。

2023年7月6日、ダンスプロデューサーの夏まゆみさん同年6月21日に亡くなっていたことが判明しました。

長く癌で闘病されていて、享年61歳だったとのこと。
まだまだお若いですよね…



一世を風靡したモーニング娘。の『LOVEマシーン』など、数多くの名曲ヒットに深く関わってきた夏さん。


今回は、夏まゆみさんが振付をした曲一覧(ジャニーズ、AKB48など)と、その経歴について調べてまとめました。


スポンサーリンク

夏まゆみ振り付け曲一覧

ジャニーズ

ジャニーズの楽曲の振付を手掛けていたことでも知られる夏まゆみさんですが、具体的にどの曲の振付を担当したのかは公開されていません。


ただ、夏さんのプロフィール上には、

1994年~ 光GENJI、KinKi Kids、ジャニーズJr.の振り付けを2年間担当
引用:speakers.jp

と記載されていました。

1994年といえば、KinKi Kidsが日本武道館でファーストコンサートを行った年ですね!

KinKi Kids自体は、1997年7月にシングル『硝子の少年』でデビューしています。
よって、デビュー前のジュニア時代に振り付けを担当していた可能性が高そうです。



また、光GENJIが1994年に手掛けた楽曲は

「BRAVO!Nippon〜雪と氷のファンタジー〜」
「ヨーソロー! 未来へよろしく」
「TRY TO REMEMBER」

など。
※その後、1995年に解散しています。


その他、夏さんがJr.時代に指導していたといわれるメンバー

・V6
・木村拓哉
・草彅剛
・稲垣吾郎
・香取慎吾


夏さんは「普通の子をトップアイドルに育て上げるプロ」と言われていました。

夏さんがジャニーズJr.の振付を担当していたのは、「トップアイドルにこれから育てていく」役割を期待されていたからかもしれませんね。


AKB48

夏まゆみさんは、秋元康氏プロデュースのアイドルグループ『AKB48』の立ち上げに参加したことでも知られています。


当時「会いに行けるアイドル」として話題になったAKB48ですが、その大切なステージとなる劇場創設にも力を注ぎ、振付だけでなく演出も担当


グループ大ヒットの一端を担いました。


夏さんが振付を手掛けた初期の楽曲は以下の通り

会いたかった
スカート、ひらり
桜の花びらたち
BINGO!
僕の太陽
陽を見ているか?

AKB48が爆発的に売れるきっかけとなった『会いたかった』の振付も夏さんが担当していたのですね…!


特別難しいわけではないけれど、自然と印象に残って思わず体が動き出してしまう…そんなみんなが一緒に踊りたくなる、愛される振付を考える天才だったのだな、と改めて感じますね。


夏さんの訃報を受けて、AKB48の初代メンバーである高橋みなみさんや小嶋陽菜さんからも、追悼のコメントを寄せていました。


モーニング娘。

夏さんが、グループ立ち上げ時から一番深くかかわったアイドルが「モーニング娘。」かもしれません。

当時、お笑い芸人のFUJIWARAやナインティナイン率いる「吉本印天然素材」という男性ばかりのチームでダンス指導していた夏さん。

そのたくましい姿を見たプロデューサーのつんく♂さんが、モーニング娘。がデビューする時に「あの先生に鍛えてもらおう」と、自ら声をかけたんだそう。


以下の振付曲以外にも、その後ハロプロなどで多くの楽曲を担当しています。

LOVEマシーン
恋のダンスサイト
ハッピーサマーウェディング
恋愛レボリューションズ21
ザ☆ピース!
そうだ!We’re ALIVE
Do it! NOW
シャボン玉
愛の種
モーニングコーヒー
サマーナイトタウン
ふるさと
真夏の光線
抱いてHOLD ON ME!
Mr.Moonlight~愛のビッグバンド~
ここにいるぜぇ!
AS FOR ONE DAY
モーニング娘。のひょっこりひょうたん島


夏まゆみさんの訃報を受けて、当時のモーニング娘。のメンバーからたくさんの追悼コメントが寄せられていました。


「夏まゆみ先生の悲しいお知らせが届きただただショックです。数ヶ月前に『またね!』とご連絡を頂いたばかりなのに、とても信じられません」
「夏先生はどんなときでも真剣で怒る時も、褒める時も、涙を流しながら私達に向き合って下さいました。そんな風に寄り添ってくださる先生にこの先出会うことはきっと難しいのではないかと思います」(保田圭)

「一生大好きな人 ご冥福をお祈りします」
「25周年も一緒だと勝手に思っていました。一緒だと必ず想いながら過ごします。感謝しかありません」(石黒彩)

「厳しい方でしたが、一人一人をしっかりと見ていてくれるとても愛情深い方で、夏先生には表現の部分だけではなく心のあり方、姿勢まで本当に沢山の事を教えて頂きました」(小川麻琴)

夏先生から頂いた言葉はグループを卒業したあともふとした時に思い出して『がんばろ!』って思ったり私の頑張る力になっていました。この先もずっと宝物として胸に大切にしまっておきます」(新垣里沙)


厳しいながらも愛情のある指導で知られる夏さん、モーニング娘。のメンバーからも慕われ愛されていたことが伝わりますね。


夏まゆみさんの経歴

名前:夏まゆみ
生年月日:1962年3月23日
出身地:神奈川県
職業:ダンサー、振付師、演出家


1980年、当時18歳の時にイギリスへ留学し、ダンスの魅力に取りつかれたという夏さん。
ニューヨーク・東京の2拠点で、クラシックバレエやモダンバレエ、ジャズダンスを学びます。

1985年にダンスインストラクターとして最初のクラスを開講すると、その指導力の高さが注目を集め、徐々に劇場やミュージカルなどで振り付けを担当するようになりました。

1993年にはニューヨークのアポロシアターにソロダンサーとして出演


その後も、

・映画『female』で映画監督デビュー
・NHK紅白歌合戦のステージング担当
・長野冬季オリンピック閉会式の公式曲振り付けを考案、指揮
・世界バレー公式テーマソングを振り付け

など多方面で活躍されました。


振付師やダンサーとしてのイメージが強かった夏さん、映画監督まで務めていたのは知りませんでした…!!本当に多才な方だったのですね。


まとめ

今回は、夏まゆみさんが振付をした曲一覧(ジャニーズ、AKB48など)と、その経歴について調べてまとめました。

これまで300組以上のアイドルやアーティストの振付を担当してきたという夏まゆみさん。

今回、夏さんが手掛けた楽曲やその歴史を振り返り、改めて周囲の人から愛されるお人柄や多才な一面を知ることができました。

心からご冥福をお祈りいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました