ニラチヂミ

私たちが農家になったのは、2013年のことだ。

親が農家でもない。
親戚に農家もいない。(祖母が中国で農家をやっていたが…。)
そう。私たちが農家1代目になったのだ。

就農当初は梨農家からスタートした。

梨の収穫は年に1度だけ。
しかも秋まで収穫ができない…ということは、秋まで資材費はかかるが収入はゼロ。
夫高松の貯金はすでに農業に投資済み。
私の少ない貯金と失業保険でなんとか細々と食い繋いでいた。

それでもそんなものはいずれなくなることは目に見えている。
これだけでは生活ができないどころか、資材費や農薬代も払えない。
…と思っていた矢先、農協職員からニラ育ててみないか?とお誘いをいただいた。

やった事はないけど、とにかく生活にプラスになる思いやってみることにした。

ニラを育ててみて初めてわかったことは、にらにも旬があるということだ。
春、越冬した根っこから出てくるニラはとにかく柔らかく、香りが強い。
ニラの旬は4月の末ごろから5月中旬くらいまでなのだ。

そして、もうもうひとつニラを育ててみてわかったことがある。
選別にとてつもなく時間がかかるということだ…。

ニラのオーダーが来て、前日の朝4時頃に収穫。
その後、ニラの調整作業が始まり、夜の9時まで調整作業をしていた時期もある。
ニラを始めて1年目のことだ。
ニラの育て方もわからない私たちが育てるニラは、とても細く短く調整をしてもしても終わらなかったのだ。

そんな時、両親が中国から来ることになった。
私たちの結婚式に出席するため、3ヶ月ほど前から一緒に生活することになったのだ。

両親も、私たちの調整が終わらないことを心配して、ニラの選別を手伝ってくれた。
報酬は、「ニラ食べ放題」という超絶ブラック条件で。

ニラが好きな父は、最初は喜んで食べたいたけれど、途中からは香りも嫌になる程一生分食べたと、食べなくなった。
「ニラ食べ放題」が報酬だったはずが、この時点で報酬なしが確定した。

数年後に聞いたのだが、その時にニラを食べ過ぎて、いまだにニラを食べていない…とのことだった。
父に強いトラウマを作ってしまった。

私のニラチヂミは、新潟ならではの米粉をたっぷり使う。
カリカリ、サクサクとした食感と、旬のニラをたっぷりと使ったこの料理はご馳走だ。

年中売っているニラでも春のニラはご馳走になるのだ。
旬を知っていると、なんだか得をした気分だ。

そんなわけで、毎年春になると我が家の食卓にはニラチヂミは欠かせない。
そして、父の「一生分ニラを食べた」というトラウマを作ってしまった申し訳なさが記憶が蘇ってくる。

あの頃はできなかった親孝行を、これからは惜しみなくしていこう。
あの時の「報酬」は数倍にして返すのだ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次