toggle

ひかり母さんが育てたキムチ

長男が産まれて気付いたことがきっかけ

2018年の1月にわたしたち夫婦のもとにこどもが産まれてきてくれました。

それまでも、日本伝統の漬物を残したいという想いで梅干しを漬けてはいましたが、それよりも母になってもう一度原点を振り返ったひかりは「母の味を受け継ぎ、残したい」という想いが強くなりました。

50年もの間、毎年毎年キムチを漬け続け、母が育て上げたキムチのレシピ。

そのレシピを次の世代へと残せるという親の偉大さや愛情に親となってやっと気付けたのです。

それと同じように、わたしたちも息子に何か残したい。

そんな想いがきっかけでこのキムチ作りをしようと思い始めました。

母から受け継ぐ家庭の味

わたしたちが表現したかったキムチは、昔から本場で食べなれた家庭のキムチ。

そう、あのオモニ(母)の手から作り出される、辛くてほんのり酸味のあるキムチです。

記憶の味はそのままに、自分たちらしさと新潟らしさを出すために、

わたしたちの農園で栽培した和梨を入れました。

白菜もキムチ用の歯触りの良い、シャキシャキ・カリカリとした食感の白菜を自分たちで栽培して使用しています。

今まであるようでなかった、

本場、韓国と新潟が育てたキムチです。

画像をクリックで詳しく見る