最高に豊かな餃子作り


我が家はほぼ全ての野菜を自分たちで育てて暮らしている。

そんな私たちに取っては、料理として定番の組み合わせも奇跡となる。

カレーにジャガイモ・玉ねぎ・人参の3つの野菜が揃うことは滅多にない。

餃子もまた同じだ。

キャベツが終わる4月とニラが終わる10月の2度しかチャンスがないのだ。

キャベツがもう終盤に差し掛かり・・・

というか、全てのキャベツの出荷を終え、ニラが少しずつ伸びてきた今日。

その年に2度しかないチャンスの日がやってきた。

収穫を全て終えたキャベツ畑に入るのは、宝探しと同じ感覚だ。

キャベツがあることが絶対ではないからだ。

でも私たちはこのチャンスを絶対にものにして見せる!

だってもう、餃子を最大限楽しむために、皮は仕込んであるのだから…。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です