toggle
2019-02-14

台所は気づきの場所


こんにちは。夫の高松です。

寒い新潟になりましたね!といっても寒いのは今日までで、明日からはどんどん春に近づいていくようです。

 

さて、最近の自分の趣味が、セガレのご飯を作ることです笑なんか一度作ってみて、美味しそうに食べてくれる姿を見たらハマってしまい、かなりの頻度で作るようになりました。

煮干しと昆布で出汁をとって、細かく刻んだ野菜を出しで煮てご飯を入れる。

ある時は塩味、ある時は味噌味、またある時は夏に収穫したトマトを冷凍したものがあったので、トマト味のおじやに炒り卵を乗せたオムライス風のものだったりと、色々考えながら作るのがすごく楽しいのです。

そして昨日もセガレの為に台所に立っていると、注文を頂いた梅干しに入れた梅酢が少し残っていたので、もったいないから入れてみたんです。

ほんの数滴ほど。

その数滴で劇的に味が変化したことに本当に驚きました。

自分自身、あまり煮干しと昆布のなんとなく生臭いような臭いが好きではなく、なんとかならないかと思っていたのですが、

なんということでしょう!

梅酢を数的入れただけで、その臭いが消えて旨味が倍増!

いつもに増して食べてくれるセガレを見てニマニマしてしまいました。

 

昨日ひかりと晩酌をしながら話していたのですが、台所から生まれるアイデアって本当にたくさんあると思います。

こんな調味料の組み合わせが合うんじゃないかとか、こんな器がいいんじゃないかとか、こんな使い方もあったんだという気付きがあったり。

男子厨房に入らずと昔は言ったものですが、今や普通に男子が厨房に入っている時代。

料理が上手とか下手とかはあまり関係なくて、食べる人のことを考えながら料理をすることが大切なんだと改めて感じている今日この頃。

さて、昨日作ったご飯もなくなりそうなので、今日はどんなご飯を作ろうかなー。

#ひかり畑 #梅酢 #幼児食 #男子厨房に入るべし


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です