toggle
2018-05-17

理想の家族の風景


今でも思い出すことがある家族の風景があります。

何歳のときだろ?

それはわかりませんが、長野オリンピックで日本のラージヒル団体が金メダルとった日でした。

その日のことが忘れられなくて、今「自営業」をしているのです。

 

実家は古くからある「町の床屋さん」です。

こどもが髪を切りに行くとおやつをもらえるタイプの床屋です。

両親ともにお店に立っていたので、完全に自営業の家に育ちました。

 

長野オリンピックが開催された年。

その年はインフルエンザが大流行した年でした。

我が家の家族も、もれなくインフル発症。

姉と妹と自分の3人で学校を休んでいたのですが、インフルエンザって、治ってから2日間は学校を休んで自宅待機してなきゃいけないんですよね。

なんか、元気なのに学校休んでいいってゆう特別な気分ですごく楽しかったんです。

 

しかも、両親は常に家にいる。

3人のこどもたちも自宅待機してなきゃいけない。

そしてその日の丁度お昼にはラージヒルの決勝。

誰が言い出したのか覚えていないのですが、なんかみんなテンション上がってお昼から焼き肉パーティーをすることになったのです。

お店を閉めて(笑)

 

なんかその記憶がずっとあって、「結婚してこどもが産まれたらやっぱり家族一緒にいたいよなー」なんて、

彼女もいないサラリーマン時代に思い立って農業を始めたんですよね…。

なんじゃそりゃって感じですが、本当にそうなのです(笑)

 

おかげさまで結婚できてこどもまで生まれて今その夢がかないつつあるのですが、

自分が思い描いていた夢の中に、「キャンプが上手なとーちゃん像」みたいなものもあったのです。

 

と、ここまでが前置きでここからが本題なのですが…。

毎度毎度、前置きが長くて本当に言いたいことがあまり書けないという(笑)

 

僕、キャンプできないんです!

テントうまく設営できません!

ペグの打ち方とかよくわかりません!

薪に火をつけられません!

なんなら自分の布団以外で寝付けません(笑)

だからこそ、セガレにはできて欲しいのです。

そんなことができるとーちゃんになって欲しい。

そんなもうひとつの夢を叶えてくれそうな場所が月岡にありました。

シェルタープロジェクト という企画で運営しています。

当日にインスタグラムにアップしましたが、今回イベントに物販で参加させてもらったのですが、まぁーーーー楽しい!

たぶんイベントじゃなくても楽しい空間でした。

わくわくが止まらない感じ久しぶりです。

そしてここでは、こども園として月に何度かこどもを森で学ばせてもらうことができるとのこと。

そんな話を聞いてひかりとニヤニヤしてました。

今のところ・・・というか確実に3歳くらいになったらセガレの入園決定です(笑)

そして、送り迎えのついでに月岡の温泉にも入れるというニヤニヤもあり。

 

ただ、我が家のセガレの現状はこんな感じ。

どうも森で生き残れる気がしないくらいのぬくぬく具合(笑)自然に強くしてもらいましょ…。

 

#ぐーるりの森 #シェルタープロジェクト #アウトドア #ひかり畑 #今日のセガレ #家族の風景

 


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です