toggle
2018-04-23

セガレの教え


我が家のセガレはいつも自虐的です。ひかりのお腹にいた頃から常に指しゃぶりをしていたのか、エコーはいつも手で隠れて顔は見えませんでした。そんなセガレがお腹から出てきた時は、指しゃぶりのしすぎでそこの皮膚だけありませんでした(笑)生まれてきてからもそう。常にどこかしらに爪で引っ掻いた傷があり、そのたびに泣く。自分で蹴った足が思いのほか強すぎて床にぶつけて泣く。おっぱいを勢いよく吸いすぎてむせて泣く。ほんと、かわいいヤツです。・生まれて来たこどもが生涯ずっと無傷だったり何の問題もないことはまずあり得ないと、生まれて来た瞬間に思わせてくれたセガレに感謝しています。・わたしたちが常に目にする野菜や果物には傷ひとつありません。そしてわたしたち農家も傷や病気が出ないように努力をしています。必要な時には農薬も肥料も使います。わたしたちひかり畑でも全てが自然栽培ではなくて、必要だと判断する作物には農薬も肥料も使います。もちろんキチンと住み分けはしていて、売り場で明記もしています。・ただ、やはり野菜も果物も人間と同じく生きていて成長しているものです。しかも一度そこに生まれたら自分では動けません。そんな子たちが無傷で一生を終えることは本当に奇跡です。手足が使えて動ける人間でも傷がつくのですから。・当たり前過ぎて見えなかったことも視点を変えてみると気付くものですね。だからと言って傷だらけのものを棚に並べるようなことはありませんのでご心配なく。そして傷ものも捨てることなく、わたしたち夫婦のお腹のなかにキチンと納めております。・スヤスヤ眠るセガレをジロジロ見ているわたしたち。今度は何を教えてくれるんだろうなー。#ひかり畑 #セガレの話 #野菜

我が家のセガレはいつも自虐的です。

ひかりのお腹にいた頃から常に指しゃぶりをしていたのか、エコーはいつも手で隠れて顔は見えませんでした。

そんなセガレがお腹から出てきた時は、指しゃぶりのしすぎでそこの皮膚だけありませんでした(笑)

生まれてきてからもそう。

常にどこかしらに爪で引っ掻いた傷があり、そのたびに泣く。

自分で蹴った足が思いのほか強すぎて床にぶつけて泣く。

おっぱいを勢いよく吸いすぎてむせて泣く。

ほんと、かわいいヤツです。

生まれて来たこどもが生涯ずっと無傷だったり何の問題もないことはまずあり得ないと、生まれて来た瞬間に思わせてくれたセガレに感謝しています。

わたしたちが常に目にする野菜や果物には傷ひとつありません。

そしてわたしたち農家も傷や病気が出ないように努力をしています。

必要な時には農薬も肥料も使います。

わたしたちひかり畑でも全てが自然栽培ではなくて、必要だと判断する作物には農薬も肥料も使います。

もちろんキチンと住み分けはしていて、売り場で明記もしています。

ただ、やはり野菜も果物も人間と同じく生きていて成長しているものです。

しかも一度そこに生まれたら自分では動けません。

そんな子たちが無傷で一生を終えることは本当に奇跡です。

手足が使えて動ける人間でも傷がつくのですから。

当たり前過ぎて見えなかったことも視点を変えてみると気付くものですね。

だからと言って傷だらけのものを棚に並べるようなことはありませんのでご心配なく。

そして傷ものも捨てることなく、わたしたち夫婦のお腹のなかにキチンと納めております。

スヤスヤ眠るセガレをジロジロ見ているわたしたち。今度は何を教えてくれるんだろうなー。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です